肩こり 腕の痛み 原因

肩こりや腕の痛みやしびれ、頸椎椎間板ヘルニアの可能性あり

スポンサーリンク

普段からの肩こりだけではなく、腕の痛みや手足のしびれがひどい場合はもしかすると「頸椎椎間板ヘルニア」の可能性があります。

 

「頸椎椎間板ヘルニア」とはどんな病気なのか。

 

椎間板ヘルニアは腰の部分でのイメージが強いですが、頸部首のところでもヘルニアは起きてしまいます。

 

 

人間の神経は首の上から腰まである骨の中の空間によって守られています。この神経を脊髄と呼びます。

 

 

頚椎の間には上下の頚椎をつなげている、椎間板という組織があります。この椎間板が負傷して、神経を圧迫して出ているのが頸椎椎間板ヘルニアです。

 

主な症状としては、片側の肩や腕、手など決まった場所に激痛が走ります。この痛みが起きる前に、首が寝違えたときのような違和感を感じ始めます。

 

そして肩腕手に痛みが広がっていきます。

スポンサーリンク

他にも腕や手がしびれたり、箸を使ったりの細かい動作がだんだんスムーズに出来なくなってきます。それから進行していくと、足にまでしびれを感じるようになります。
これらの症状がある場合が頸椎椎間板ヘルニアの疑いがあるので早めに医師へ相談したほうがよいでしょう。

 

 

 

発症する原因は様々で、第一に年齢が関係してきており、筋肉や骨や体力の衰えから、30代から50代のひとに多く発症します。

 

スポーツをする人でも過度にやりすぎて負荷をかけ過ぎると発症するケースも有ります。他にも事故や怪我による外部からの圧迫されることにより、発症する場合もあります。

 

最近懸念されているのが、スマートフォンの普及によって、姿勢が首だけ前かがみになり、頸椎椎間板ヘルニアになる可能性があります。

 

 

 

 

治療や対応としては、できるだけ患部が痛むような動作はしないことを心がけましょう。そして寝ている時の姿勢も大事になりますので、枕も高さを変えてみるなど一度検討してみましょう。

 

 

まだ症状が軽い場合は早いうちから、患部に負担をかけない、どうのようにすれば痛みを減らして過ごすと良いか考えて生活していくようにしましょう。

 

どうしても痛みが我慢できない時はすぐに病院にいって治療してもらいましょう。

スポンサーリンク