排卵日 肩こり 治療

排卵日に起こりやすい肩こりを治療にするには

スポンサーリンク

体のコンディションを整えるためにも普段から規則正しい生活をおくるようにしている女性はかなり増えてきていますが、どうしても体の調子が崩れてしまいがちになるのが生理期間の前後だとされています。
特に排卵日などは体のホルモンバランスが崩れやすくなりますので、きちんとスキンケアをしている方でも肌荒れやニキビが出来てしまう恐れがあります。
肌荒れとはまた別に排卵日に起こりやすいのが、肩こりや体の疲労感が蓄積しやすくなってしまう事です。
これは自律神経に影響があるためだと言われており、特にデスクワークなどを中心に仕事をされている方は長時間同じ体制で仕事をしているため、体の筋肉が固まりやすくなりますし血行の流れも悪くなってしまうため、排卵日だけではなく慢性的な肩こりを起こしてしまう場合も少なくないので、普段から一時間に一度は体を伸ばして軽いストレッチを行う自分で出来る肩こりの治療を行う事で症状を改善することが出来ます。
スポンサーリンク

婦人科に通ってホルモンバランスを整えてくれる薬を処方してもらうなど、様々な治療方法がありますが、生活の中で薬を必要とするほどの症状ではない場合は自分で行える治療方法を試してみることをお勧めします。
体のこりは症状が悪くなると精神的にも負担となりイライラしやすくなります。
そのためまずは体をリラックスさせつつ、気持ちもリフレッシュすることが出来る方法としてゆっくり湯船につかる方法をとっている方が多いです。
好きな入浴剤を利用する事でアロマ効果を得ることが出来るため、より高いリラックス効果を得られることが出来ますし、体をゆっくり温める事で体の血行を改善して全身を温めることが出来るので、筋肉のこりを程よく改善してくれます。
お風呂から上がった後は水分を補給して、体が温まっているうちに体を伸ばす軽いストレッチやマッサージを行う事でより高い美容効果を得ることが出来ます。
また食事にはリラックス効果の高い豆腐やセロトニンやポリフェノールが含まれるバナナも効果的です。
スポンサーリンク