ピアノ 肩こり 原因

ピアノが原因の肩こりについて

スポンサーリンク

ピアノを長時間弾いていると、肩こりに悩まされることがあります。
その原因は、長時間同じ姿勢でいることです。
弾き方のスタイルは人それぞれです。
前のめりになっている人は背中が丸まってしまうので肩が凝りやすくなります。
背筋をまっすぐにしている人は、肩が凝りにくいです。
ピアノによる肩こりを防ぐためには、良い姿勢を保つということが大切です。
良い姿勢を保つことが大切だということは頭の中で分かっていても、ついつい背中が丸まった姿勢になってしまうというときには、演奏時間が短めの曲を良い姿勢を保ったまま演奏できるように日々練習してみるといいと思います。
姿勢以外でもピアノによる肩こりの原因があります。
それは、椅子の高さです。
高さが合っていないと姿勢が良くても肩が凝ってしまいます。
自分の座高の高さに合わせて椅子の高さを調節するだけで、肩凝りの原因を解消することができることもあるので試してください。
演奏するときは、指を動かすようにして他の場所は力を入れないようにすることです。
スポンサーリンク

長時間演奏をすると血液の流れが悪くなります。
休憩時間には簡単なストレッチをすると良いです。
演奏会は緊張するので体全体に力が入ってしまいます。
体の力を抜いてリラックスして演奏すると肩に負担がかからなくなります。
二の腕が太い人は、細い人と比べてピアノによる肩こりで悩んでいる人が多いです。
なぜ二の腕が太いと肩が凝りやすくなるのかと言うと、腕が重いと肩を動かすのが大変になるからです。
肩の負担を減らすためには二の腕を細くする努力が必要となります。
痩せにくい箇所なので細くするのは大変ですが、腕が細くなれば長時間演奏をしても肩が凝りにくくなるので良いことです。
ピアノの弾き方を変えるというのも肩こり解消法に効果があります。
肩が凝りやすくなるのは、手首が下がっている場合です。
手首が下がると肩に力が入りやすくなります。
手首が下がらないようにするには、腕の筋力をアップさせることです。
寝る前に腕立て伏せをすると腕の筋力が上がると思います。
スポンサーリンク