副鼻腔炎 肩こり 対処

頭痛、歯痛、肩こりの原因にもなる副鼻腔炎は早めの対処が必要

スポンサーリンク

副鼻腔炎とは鼻炎の一種で、放置しておくと健康を著しく低下させる原因にもなるので、適切な治療が必要です。
副鼻腔炎とは鼻の内部にある副鼻腔が細菌感染によって炎症を起こし、膿や鼻水を発生させる事です。
これは風邪による菌やウィルスが原因となって起こる場合が多いです。
そして、他にも花粉症などのアレルギー体質の人や、虫歯の放置、ストレスや免疫力の低下などでも起こる事があります。
 症状としては、鼻水がねばりのある黄色の膿のようになったり、頭痛や歯痛、肩こりなど鼻周辺にかけて不調が表れます。
また、鼻がつまる事でにおいが分からなくなったり、集中力を低下させる原因になります。
また、もっと症状が進むと目のまわりが腫れて視力が落ちたり、脳にまで達し意識障害を引き起こす場合もあるので気をつけなければなりません。
これらの、頭痛や、歯痛、肩こりなどの症状を改善させるためには、原因である副鼻腔の膿や鼻水を出してやる事が一番の対処法です。
スポンサーリンク

 副鼻腔炎の場合に行われる治療は、鼻の中にたまった膿や鼻水を吸引して取り除き、菌に有効な抗生物質の服用を行います。
そして、痛みを緩和させる鎮痛剤が処方される場合もあります。
また、鼻水を出しやすくする薬で、鼻の奥の膿や鼻水を出すようにします。
これらの薬剤の服用によって対処していく場合が多いです。
しかし、ひどくなってしまうと手術の必要性が出てくるので、早めに病院で治療する事が大事です。
 そして、一度副鼻腔炎になってしまうと再びなりやすくなるので、常日頃から抵抗力を上げるために睡眠をしっかりとり、疲労を回復させてやる必要があります。
また、栄養バランスにも気をつけて体全体の免疫力を上げる事が大切です。
 このように、副鼻腔炎は症状の軽いうちに治した方が完治しやすいです。
そのためにも鼻水が黄色っぽくなってきたと思ったら、頭痛、歯痛、肩こりなどの症状が出る前に、すぐに病院に行って悪化しないように対処しましょう。
スポンサーリンク