肩こり ゴリゴリ 原因

肩こりのゴリゴリする原因についてとその解消法

スポンサーリンク

年を重ねるごとに肩ってコリがひどくなってきてしまいますよね。

 

特に小学生の頃は一日中外で走り回ったり、動き続けていますが、大人になるに連れてゲームをしたり、職場によっても変わってきますよね。
特にパソコンを使った事務作業出会ったり、細かい部品を扱う作業だったり、同じ作業を延々を繰り返したりの仕事が続いていると、非常に肩が凝ってゴリゴリとなってしまうことがあると思います。

 

年齢が上がっていくに連れて、筋肉も衰えてきますし、体も硬くなってきてしまいます。私も小学生の時は肩こりなんて無縁だと思っていましたが、親が肩がこったとよく口にしていたのを思い出します。

 

肩こりってなんで起こるんでしょうか?
その原因と対処法を一緒に見て行きましょう。
まず原因を知ることで対策を打つことができますので、まず原因をつきとめてください。

 

<原因>
なぜゴリゴリ音がするのでしょうか。
病院を思い出して見てください。長い間入院していると筋肉が固まってしまい、動きにくくなってきますよね。肩も一緒で年齢とともに、硬くなってきてしまいます。それを動かすことによって、関節が筋肉にあたってしまって筋肉がひっついてきます。その固まった筋肉が凝りの原因だと言われています。

 

それを繰り返していくと、その凝った筋肉がぶつかってしまって、ゴリゴリとなってしまうのです。

スポンサーリンク

 

そのゴリゴリをどう対処し解消していけばいいのか。

 

それほど心配するものではありませんが、そのままにしておくといつまでも肩こりが治らないので早いうちから対処していきましょう。

 

一例といてゴリゴリと音がなる人の中には猫背の人が比較的多い傾向にあります。

 

 

背筋をピシっと伸ばし、真っ直ぐな姿勢で、助骨を動こしながら歩いて行くとよいでしょう。

 

猫背は自分では自覚症状がないかたも多いかもしれませんが、どうしても肩こりが気になる方は、知り合いに猫背かどうかチェックしてみてもらうのも良いでしょう。

 

 

中にはゴリゴリと鳴らすのがくせになってしまっている人もいます。年齢を重ねるごとに余計痛くなってきてしまいますので、気をつけましょう。

 

しかし、確認したいがために、どうしても鳴らしてしまいますのが、人間のような気がします。

 

そんな時は、音がなるところをよくマッサージしたり、つねったりしてみると脳に刺激がいくので、鳴らしたい気持ちも少しは軽減するでしょう。

 

肩こりは、職場や趣味の場で大きな支障をきたしてきます。肩こりに悩まされることなく、気持よく毎日を過ごしていきましょう。

スポンサーリンク