肩こり 肩甲骨 ストレッチ

肩甲骨の内側をストレッチして肩こりを解消しよう!!

スポンサーリンク

一般的な肩こりの原因は、筋肉中の血液が不足すると、老廃物が溜まってきます。その老廃物が筋肉を刺激して、肩がこって痛みやだるさを感じるようになります。

 

主に肩こりを治すためには、凝って硬くなった筋肉をほぐすことでだいたい解消されます。一般的には、仕事で事務作業や、パソコンをずっと触っているような仕事の人は、体勢が変わらないので、小休憩をったり、目薬を使ったりすると効果的です。
血行を促進すると、筋肉がほぐれるので、シャワーだけでなくしっかりと入浴することで、肩こりも軽減されます。

 

そして肩こりには肩甲骨のストレッチが効果的なので是非試してみてください。

 

肩甲骨の内側を、他の人に強く押してもらったり、胸を反らしてツボを押してもらったりすると肩や首の凝りが楽になるという事例は多いです。

スポンサーリンク

肩甲骨の内側の痛みでが原因で肩や首が凝っている可能性は高いのです。肩甲骨の凝りが原因で、首や肩、背中にまで痛みを感じている人もいるくらいです。

 

肩甲骨は特に意識して動かしている箇所では無いですが、なぜ凝ってしまうのでしょうか。それは、肩甲骨を背骨へ寄せる筋肉と、広げる筋肉が、凝っているのが原因です。

 

そしてこれは、肩や首をいくらマッサージしても、原因は肩甲骨にあるので、解消されないことが多いです。普段から馴染みもなく、手も届きにくいところにあるため、肩こり解消のグッズなどでも、なかなか効果が得られません。

 

解消したい気持ちが強すぎて器具で強く押しすぎてしまうと、かえって筋肉を痛めてしまうため、かえって逆効果になってしまうこともあります。

 

 

正しく肩甲骨の内側のツボを押して行かないといけないので、一度プロのマッサージ師に診てもらい、指導を受けてみるのも良いかもしれません。

 

プロの方が紹介している方法で、効果的なのは、テニスボール(硬式)を仰向けになった状態で、体の下に置き、肩甲骨の内側に当ててみてください。

 

テニスボールは硬さも大きさもちょうどいいので、市販の器具で解消できない場合はこちらでも試してみてください。

スポンサーリンク