肩こり 原因 姿勢

パソコンの肩こりを解消するために正しい姿勢を身につけよう

スポンサーリンク

肩こりの原因でパソコンの長時間の使用も、原因の一つとしてあがってきています。

 

現代の日本では、仕事や、プライベートではパソコンは欠かせない存在となっていますよね。パソコンを常に使っている仕事のひとも徐々に多くなってきています。

 

仕事は通常8時間の定時なのでその間ずっとパソコンを触っていると、想像しただけで肩が凝ってしまいそうですよね。

 

 

パソコンを操作していく上で肩こりはある程度しょうがないとはいえ、肩こりは非常につらいものがあります。しかし少しでも改善できるとしたら、仕事にももっと活力が湧いていき、効率よく仕事ができます。

 

何気ないちょっとした事でも取り組んでみる価値はあるとおもいます。

 

一番手っ取り早く取り組めるのが、パソコンに向かう姿勢です。普段パソコンを操作している時の姿勢を思い出してみてください。

スポンサーリンク

 

無意識のうちに姿勢が曲がったり画面に顔を近づけすぎていませんか?キーボードをずっと見ていないとタイピングができないでいると、目線が下にいってしまい首へ負担をかけてしまいます。

 

また作業環境も見なおしてみてください。机の上が整理されていなかったり、机と椅子の高さがあっていなかったりすると、それも肩こりの原因となってしまいます。

 

パソコンで作業をするということは、椅子に座って、キーボードをうち画面を見るという作業を同時に行っている状態です。

 

椅子に長時間すわっていることも身体のバランスを保とうとして、筋肉へ負担をかけています。可能であれば筋肉に負担のかからない椅子に変更するか、不可能であれば、クッションなどをおいて筋肉の負担を軽減していきましょう。

 

机の周りや、机の下も整理して綺麗にして、作業環境も整えることも重要です。すこしでも自分が作業するときに楽になるように努めていきましょう。

 

しかし、姿勢を正しくし、環境を整えたとしても、長時間の作業は、肩こりの原因となりますので、適度に休憩したり、座ることをやめて、立って気分転換をしてみるのも良い方法です。

スポンサーリンク