ランニング 肩こり 原因

ランニングでも肩こりの原因は潜んでいるのかも

スポンサーリンク

肩こりの改善方法として、適度な運動も改善方法として挙げられますが、その中でランニングによって肩こりを解消させようとしている方もいらっしゃるとおもいます。

 

しかしランニングをしていても、なかなか肩こりが改善しないこともあります。ランニングと肩こりは意外に知られていない関係性があり、ランニングがかえって肩こりを引き起こしている可能性もあるのです。

 

 

肩こりとランニングの意外な関係性とはどのようなものがあるのか、肩こりの原因として、緊張状態がずっと続いてしまったり、同じ姿勢を繰り返していると、筋肉が縮んできて肩こりを引き起こすという点がありますよね。

 

 

ランニングをしていてリラックスした状態で走っているには問題がないのですが、無意識のうちに肩へ力が入ってしまっているときは肩こりが起こりやすくなっている状態だと言えます。

スポンサーリンク

 

ランニング中に肩こりなってしまった時には、ランニングが終了した時には、ストレッチをして緊張した筋肉を伸ばしていきましょう。

 

すぐにお風呂に入ることはあまり好ましくありません。交感神経が興奮しているので逆効果になってしまいます。入浴するときは、いったん身体を落ち着かせてから入るようにしましょう。

 

 

ランニングはやはりどちらかというと激しい運動になってしまいますので、肩こりを解消するためには、凝り固まった筋肉に血液を効率よく循環させて血液中の酸素を効率よくおくることなのです。

 

そういった観点からいくと肩こりには有酸素運動が効果的なので、ランニングよりもウォーキングのほうが好ましいと言えます。

スポンサーリンク