肩こり 症状 伝え方

病院で正しい肩こりの伝え方

スポンサーリンク

肩こりって、幅広くて病院で診断してもらう時も、いまいちなんて伝えたらいいかわからない時ってありますよね。

 

そういった困ったときに正しい症状の伝え方を見て行きましょう。

 

 

肩こりにを診断してもらうときは、病院の医師が、肩や首の動きに異常がないかどうかを確認することがほとんどです。まずは服装から気をつけていきましょう。

 

服を脱いでくださいと言われる場合もありますので、できるだけ肩や首が見えやすいような服を選んでいきましょう。

 

症状を伝える注意点として、まず最初に診察室にて医師の問診があります。問診票などの記入する用紙があればいいのですが、そうでない場合は口頭で説明しなければなりません。

 

 

プロフェッショナルのお医者さんなので、いいたいことをうまく聞き出してくれるように質問してくれますが、自分がいちばん伝えたいことをスムーズにいうことができれば、問診もスムーズに進んでいきます。

 

スポンサーリンク

まず主な症状を伝えましょう。右の肩なのか、左の肩なのか、具体的に場所はどこなのか。そして肩こり以外にも症状がある場合は、そのことも忘れずに伝えていきましょう。

 

他にはその症状が出るようになった原因やきっかけを話していきましょう。例えば、仕事中に違和感を感じるようになってきたなど。

 

そしてその症状はいつ起こってこるかも伝えていきましょう。仕事中であれば、どういった作業をするときに痛みを感じるかなど。

 

 

これは医師から聞かれるかもしれませんが、現在服用中の薬はあるかどうか、市販の薬を飲んでいる時でもきちんと伝えていきましょう。

 

 

 

 

 

もしそれでも言い忘れることを避けたいのであれば、事前にメモを取っておいてそれを元に伝えていくとよいでしょう。正しく治療してもらうためにも、症状の伝え方もすごく大切になってきますね。

スポンサーリンク