ギター 姿勢 肩こり

ギターのする人にとってはその姿勢がつらい肩こりに

スポンサーリンク

ギターはとてもかっこいい趣味の一つですよね。しかしそんな大好きなギターが肩こりの原因となっている人も少なくないようです。

 

 

なぜギターを弾いていると肩こりが起きてしまうのか見て行きましょう。

 

 

まずギターを始めたばかりの人は余計な力みがあるので、筋肉痛や肩が疲れてしまうということがあります。

 

これは慣れてくれば徐々に解消されていきますが、慣れてきても長時間つっと弾きっぱなしだと腰痛や肩こりが起きてきます。

 

 

まずは正しい姿勢でギターを引いていきましょう。床に座って手元を見ながら弾いてしまうと猫背になってしまい肩こりを引き起こしてしまいますので、椅子に座って弾くか、たって弾きましょう。

スポンサーリンク

 

背筋を伸ばし、前方を見るような形で体全体をリラックスした状態に保ちましょう。

 

なんといっても長時間の筋肉の緊張が主な原因となっていますので、できるだけリラックスした状態で演奏することを心がけて見ることです。

 

スポーツなどもそうですが、常に力んでいる状態では最高のパフォーマンスは出せませんよね。力が適度に抜けている状態で、ギターも演奏できると良いですね。

 

正しく自然に身体を使うように意識をしていけばギターでの腰痛や肩こりはなくなっていきます。

 

ギターはやり過ぎによる腱鞘炎なども心配されてきますので、適度に休息をとり、ストレッチやマッサージをしていってください。

 

ギターにより腰痛や腱鞘炎、肩こりに悩まされている人はほんとに多くいらっしゃいますので、そうならないためにも、正しい姿勢と適度なストレッチを行っていき、素晴らしいギターという趣味をもとっともっと楽しんでいってください。

スポンサーリンク