お酒 肩こり 原因

アルコールの大量摂取は肩こりの原因に

スポンサーリンク

普段からつらい肩こりに悩まされている人がお酒が大好きという人は、もしかすると飲酒が原因で肩こりが起きている可能性があります。
アルコールが肩こりになる原因としては、人間はお酒を飲むと、肝臓でアルコールを分解していきますよね。普段から多量にお酒を飲んでいる人は肝臓に負担がかかっている状態が続くので、そこから肩こりがきてしまいます。

 

肝臓の機能が悪くなってくると体全体に影響がでてきます。血液が一度肝臓までいき、老廃物が排除されてから血液は全身に流れていきます。

 

あまりイメージは湧きにくく、お酒と肩こりは関係ないと思いがちですが、血流が良くないから肩こりが起きてくるのです。

 

肝臓の機能を向上させることで肩こりも解消されるかもしれませんので、いつも飲んでいる人は少し量を減らしてみたり、禁酒してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

しかし肝臓が弱る原因は他にもあります。アルコールの大量摂取ももちろん原因の一つなのですが、他には油っこい食品や、病院で服用している薬なども肝臓を弱らせる原因となっています。

 

 

肝臓は特に症状が出にくく、はっきりとした症状が出る頃には病気が進行している可能性が高くなります。

 

肝臓が弱っている時の主な症状として、顔や手のひらが黄色がかってきたり、精神的にイライラしてしまったり、身体にだるさを感じるようになります。

 

お酒で肩が凝るということは、肝臓の機能が低下しているということですので、こころあたりのある方は、肝臓の病気を疑ってみて、早めに病院へいって診断してもらいましょう。

 

病気が進行していく前に、肩こりで病気に気がつくことができるということは、まだ症状が軽く、大事には至らないのでとにかく早め早めに対応することです。スポンサーリンク