排卵日 症状 肩こり

排卵日には肩こりの症状って出るのでしょうか

スポンサーリンク

排卵とは妊娠するうえで欠かせない出来事の一つだといえます。

 

女性の身体はすごく神秘的で、排卵とはその名の通り卵巣の表面から、卵子が外へと排出されることをいいます。他の動物とは違っていて、人間は、通常一回の排卵では卵子の数はひとつとなっています。

 

人によって誤差は生じますが、だいたい生理前の2週間前におきてきます。なかには過度なストレスやダイエットが原因となって、無排卵月経が起こる人もいます。

 

排卵をするための黄体形成ホルモンが正常に分泌されずに排卵がされないのです。しかしそれでも、内側の膜は剥がれるので、出血は起こるのです。

 

最近はメディアでも取り上げられるようになってきましたが、排卵日には様々な症状がでてきます。

 

一般的な症状として、頭痛が良く起こりますが、はっきりとした原因がわかっていません。排卵日というのは妊娠の準備をしているため、女性ホルモンが減少して、頭痛を引き起こしているという説もあります。

スポンサーリンク

また身体がすごくだるく感じたり、昼間に睡魔に襲われたりと人によって症状は様々でてきます。
やはり肩こりも同様で、頭痛とともに排卵日にはひどい肩こりに襲われるひともいます。こちらもホルモンのバランスが崩れてしまうのが原因で、自律神経に影響を及ぼしていることで肩こりが起きているとされています。そのことが原因でストレスがたまってしまい、精神的にも不安定になってしまい、イライラしてしまうケースも多いようです。

 

改善するためには日頃からストレスを溜めないように努めることや、マッサージをすることも大切ですが、食生活で心身をリラックスしてくれる食べ物や飲み物もありますので試してみてください。

 

豆腐には精神を安定させてリラックス効果を発揮してくれます。セロトニンを作るのに必要なナイアシン・ビタミンb1が豊富に含まれています。また、タンパク質も摂取できますので、ダイエット効果もあり一石二鳥の食べ物なのです。

 

またバナナもセロトニンとポリフェノールを含んでいますので、効果的な食べ物です。

 

食生活でも排卵の不快な症状を和らげられる工画がありますので是非試してみてください。

スポンサーリンク