逆流性食道炎 症状 肩こり

逆流性食道炎と肩こりの関係とは

スポンサーリンク

逆流性食道炎とは、本来食べたものが口から胃に入り消化されるはずのものが、ちゃんと消化されず食道に逆流してくる病気のことです。
ストレスが原因となって、不眠、便秘、うつ病など様々な症状が現れてきていますが、逆流性食道炎も若い人の間でも主流になっています。

 

逆流性食道炎の主な原因として、過度の食事、アルコールのとりすぎ、タバコ、ストレスが原因となっています。

 

逆流性食道炎の症状は、胸焼けや吐き気をともなっって、胃の痛みが現れます。逆流性食道炎は診断されて、薬を服用しても一時的な緩和になり、完治することは難しいです。

 

発見が遅れてしまい、病気が進行して、治療が遅れてしまうとずっと逆流性食道炎と付き合っていかないといけない可能性もありますので、そのことを知っておく必要があります。

スポンサーリンク

いずれにしても、早めに病院へいって治療してもらうことがなによりの解決方法です。

 

逆流性食道炎でなぜ肩こりが起こってしまうのかというと、病気が発症して、胃をかばってしまい、身体が前のめりになります。肩こりの原因は猫背の人が多いので、肩こりが発生してしまいます。

 

肩こりは直接の症状ではありませんが、逆流性食道炎によって、姿勢が悪くなってしまい、肩こりの原因となってしまいます。
逆流性食道炎の予防方法としては、胃酸の逆流を防ぐことが一番の予防になります。生活習慣を見直すことが重要です。
太っている方の場合は減量し、一度に食べ過ぎないことと、油っこいものなどの消化に悪いものは食べないようにしましょう。
夜食をなくすことも重要です。そしてたばこを吸わないこと、お酒の飲み過ぎに注意してください。
逆流性食道炎の原因となっているものを改善していけば発症する確率はグッと減りますので、是非試してみてください。

スポンサーリンク